業者選定のポイント

お客様の目線

ご近隣対策

工事期間は一瞬ですが、お施主様は長くご近隣の方と関係するので、工事期間中のご近隣への応対は万全でなければなりません。工事関係の監督・職人のマナーには、十分留意して下さい。


工事写真

工事期間中は全てお施主様の目が届くものでは有りませんので、後々でも確認可能な工事写真等を工事店に提出させたほうが良いでしょう。特に床下・壁内等工事が進むと目に見えない部分は尚更です。(床下等目に見えない部分に手抜き工事が有る様です)


構造部分

リフォーム工事の場合、美観や使い勝手にばかり目が行きがちですが、お客様の大切な財産を長く保つ為に構造的な部分にも配慮が必要です。構造補強・断熱対策・結露対策・防虫等がこれらに該当します。内装・外装部分だけでなく躯体部分や構造部分を十分に理解した有資格者(一級建築士や施工管理技師など)の管理が必要となります。管理者の知識や経験が大きく左右します。


デザイン・水廻り

デサやイン・水廻りについては経験豊富な女性スタッフにもプランニング及び工事に参加してもらい、きめ細かな部分にも対応する事が大切です。女性スタッフのアドバイスは欠かせません。


シックハウス対策

近年、建築災害と騒がれているシックハウス対策に取り組んでいることが大切です。
ただ取り組んでいるだけではダメです。工事契約前にどんな材料を何処に使うのか、品番・メーカー等を確認し、実際本当に現揚で約束の材料が使用されているのか、必ず確認して下さい。完了してからでは取り返しがつきません。


工程表

工事の進捗状況の予定を立てておくのが工程表です。工程表を工事店に提出させ、気になる工事の時は立合いをする事をお勧めします。


外部塗装

外部塗装は工法・材料の選定が成功の鍵を握ります。金額に差が出やすい工事項目ですが、いわゆる建築物の耐久性を左右する大切な工事です。信頼できるスタッフとよく相談することをお勧めします。また外部塗装は天候・湿度にも左右されるので、梅雨や台風の時期に強引に工事を行なおうとする業者は要注意です。


保険・保証

工事店が必要最低限の工事保険・労災保険に加入しているか、建設業登録等の許可業者で有るか否か等、会社の責任的部分でどの様な取組みをしているかを確認した方が良いでしょう。また保証期間等も確認した方が良いでしょう。


経営状況

依頼する工事店の経営状況も確認する必要があります。
昨今工事着手金を払ったとたん、未着工のまま工事店との連絡がとれなくなったり、工事中に依頼先が倒産するといったトラブルが多発しています。


メンテナンス

リフォーム工事の揚合は工事完了が工事の始まりと言われるほど、工事完了後にお客様と工事店とのお付き合いが深まる可能性が高いです。ほんの小さな工事でも迅速に行なってもらえるかが大切です。迅速な対応を行なえる業者選定をしないと後で失敗したと思う事も有るようです。

リニューアル部門 ご相談から完成まで

スタッフ紹介

マイナビ 新卒者募集

関連事業のご案内

最新深井戸掘削工法「ディープウェル」

センチュリー21丸産技研

 

丸産技研グループ 飲食部門

イタリアン料理 ソライア

割烹居酒屋 みちのく

和醸良酒 蓮華

Grill & Oyster Rico


当社は東急リバブル(株)の提携施工店です。