木造耐震工事部門
木造耐震診断

 

建築当初の図面などの情報を元に構造計算・住宅の耐震機能を診断し、証明書を発行いたします。

 

木造住宅耐震一般診断・精密診断をし、建築基準法に則った耐震性能の診断を行っております。

 

ご希望により 耐震診断証明書  も発行したします。

 

「横浜市木造住宅耐震診断士」が在籍しております。

お客様よりの耐震補強に関するお問い合わせや、耐震診断のお問い合わせも急増しております。

 

私ども丸産技研では、耐震工事に関してのご相談を承っております。

 

(耐震診断使用ソフト ホームズ君 耐震診断pro)

(財)日本建築防災協会の「木造住宅耐震診断プログラム評価」を取得したソフトです。

 

 

耐震診断のために必要な書類

 

(1)耐震基準適合証明書作成に伴う必要資料

工事概要書(建築確認済書・登記簿事項証明書等)

敷地配置図

仕上げ表

平面詳細図

立面図

短計図

 

(2)費用について(税別)

耐震診断費用 \52,000

適合証明書発行手数料 \8,000/部

 住宅ローン減税

 登録免許税

 不動産取得税(※昭和57年以降の建物は不要)

 

※上記費用は建築確認申請等必要図面があることが前提です。

もし、必要書類がない場合は現地調査採寸や図面作成等で10万円前後の別途費用が必要となります。

 

※現地調査の上 御見積させていただいた場合は2万円前後の調査費用を頂いております。

 

(3)耐震補強について

耐震診断結果、評点が1.0未満 の場合、適合証明書発行には耐震補強工事が必要になります。

診断する建物の現状により補強計画案も異なります。

 

「ホームズ君 耐震診断pro」にての評点の出し方

 

ホームズ君 耐震診断Pro耐震ソフトを使った診断で、総合評価が 1.0未満(*1) ですと大地震の折に 倒壊の可能性 があります。

 

耐震補強工事をお奨め致します!

 

※この場合、耐震適合証明は発行出来ません。

 

耐震補強工事後に再度診断し直した上で、建物の倒壊の恐れがないと判断出来た場合、ご要望により「耐震適合証明」を発行致します!

 

 

*1 総合評価は、「ホームズ君 耐震診断Pro」PDFの左下の数値です。

   左上の画像をクリックし、大きな画面でご確認ください

 

 

木造耐震工事部門木耐協に加盟・木造住宅耐震工事/事業者登録

木造耐震診断工事の流れ

家具の転倒防止工事

 

神奈川県木造住宅耐震実務講習の全過程を終了している建築士、施工管理技士等の社員も在席しており、安心して相談、施工をお任せ頂けます。

(一級建築士 高橋浩一・二級建築士 小田芳恵・二級施工管理技士 森崎淳二)

リニューアル部門 ご相談から完成まで

スタッフ紹介

マイナビ 新卒者募集

関連事業のご案内

最新深井戸掘削工法「ディープウェル」

センチュリー21エム・エストラスト

 

丸産技研グループ 飲食部門

イタリアン料理 ソライア

割烹居酒屋 みちのく

和醸良酒 蓮華

Grill & Oyster Rico


当社は東急リバブル(株)の提携施工店です。